topimage

2007-03

エントツ はずれず - 2007.03.26 Mon



どうも最近薪ストーブの燃えがわるいんで、屋根の上のエントツを掃除しようと思いました。


・・・が!


2階の屋根って高いんですよね。
以前、確かに私も登ったことがありますが、すべったらどうしようとか、空気が薄くなったら・・・なんて余計なことを考えてしまったり大変でしたから。
だいたい、高いところは気象の変化が激しいですから、甘くみてはいけません。


んで、結局怖くて登れないので、ベテランのワッハマンに来ていただきました。
ワッハマンは、職業上そのような高いところも訓練されておるそうな。
本人はmixiで職業を書いていないので、ボクも書かないでおいたほうがいいのかな?


で、さすがワッハマン、「じゃ、やりますか」なんて気楽に言って、「はしごは75度が安全なんだよね」とか言いつつセッティングし、「うちのはしご車よりもやわらかいはしごだねえ」とか言いながらひょいひょいと登り、気づいたらもうエントツをはずそうとしてくれてました。


・・・が、エントツは溶接してあって、はずれず。


私は下で、デジカメを構えているだけでしたが、一瞬で勝負がついたというか、はずれないので終了。


この数分のために遠いところ1時間以上かけてやってきていただいたのに、申し訳ないやら・・・。


帰り際に「んじゃ、また高いところの用事があったら・・」と、文句ひとつ言わずに、やさしいことを言ってくれ、さっそうと帰って行きました。
なんとも申し訳ありませんでした・・・。


今、屋根の上にバドミントンの羽かなんか上げて、とってもらおうかと画策しています。


スポンサーサイト

とりあえず - 2007.03.23 Fri


午前中に温床の枠を完成させました。

明日は、家庭教師のバイトがあって午後の作業ができそうにない。
こういう中途半端な状態は結構ストレスなんだなあ。
やるときは作業バッチリやってしまいたいタイプです。

踏み込み材料も準備してしまいたいけど、雪で運ぶのが大変だなこりゃ。
落ち葉と、稲わらは秋に準備してるけど。

昨年同様、ジャンボそりで牛糞と米ぬかを運ぶかな。



種を水へ浸す - 2007.03.22 Thu



いよいよ始まりました。

まずは、トマト、ナス。ピーマンの種を水に一晩浸します。
翌日に、25度前後で保温して芽だしさせます。
うちは、お風呂の残り湯を利用します。
このまま数日。
発芽したものから、育苗箱に種まきの予定。

そのあいだに、育苗ハウスに踏み込み温床を作ります。
まずは、枠を作るところから。

今年は、近くの農家さんからも苗の注文がたくさんあって、ちょっとプレッシャーですが、うまく育てばいいな、と思っております。

春の農作業スタート! - 2007.03.19 Mon



やっと晴れましたー!

この1週間の大荒れの天気がやっと終わり、ようやく苗作りの準備ができます。

でも本当は今日は久しぶりの休日の予定だったんです。
が、ウーファーの「ちから君」が、

「う・・・ん、えっと・・・、体を・・動かし・たいんです・・・」

と気合の入ったセリフを決めてくれました。
シビレました!

で、彼は一人でハウスまわりの除雪。(写真右)
私は、ゆっくりごろごろしながら読書。
ちなみに本は「悪魔のささやき」加賀乙彦著


午後は、さすがに悪魔のささやきに従順な私も外に出て、裾フィルムだけ張りました。
あとは明日にでもやれば、あっという間です。


で、今、一服休憩中。
今日は、お休みの日だから、もう今日はこんなもんでいいでしょう。



さて、例のバイオトイレ。
水の配管の途中で、なんと2ヶ所からの漏水がハッケンされ、昨日はその補修にてんてこ舞いでございました。



緊急報告

ただいま、ウーファーの「ちから君」が、作業服に着替えて、また外に出て行きました。
もう1つのハウスの除雪もやるそうです。

ホストのボクは、どうすればいいんでしょうか・・・?














バイオトイレ完成! - 2007.03.16 Fri


できました!
数々の失敗をかさねましたが、とりあえず使用可能です!

ウォシュレットも温水が出てきます!
本体の(床下にある)中のスクリューもゆっくりまわって、おがくずと撹拌してくれます。

バッチリです!!


あとはゆっくり壁を打って、最後にドアでも作ります。

明日完成予定ですぞ! - 2007.03.15 Thu




今日はトイレまでの水の配管が完了!
床はもしものとき(凍結とか)配管のメンテナンスをしたいので、後からいつでも全体を引き剥がせるように周囲の板壁だけ先に打っておきました。


明日は、床を張って、トイレ本体を固定して、ウォシュレットの水の配管をすれば・・・!!


今晩から2日間お客さんが来るんだが、栄誉ある明日の「初トイレ」に使っていただくか、あるいは、この私が「魂入れ」として・・・。


まあ、そんなことは出来てから考えよう。


電気配線成功! - 2007.03.14 Wed



組長どのからの励ましにより、今日も再度チャレンジしてスイッチが完成しました!

左の写真は、「おや!線が足りなかった!!」の図。
右が完成した状態です。


実は昨日は、トイレの照明のスイッチだけは単独でできていたんですが、そのスイッチからファンの電源とファンのスイッチをまた引っ張ってこようと回路図を考えていたんですね。
でもどうも理論的に無理なんじゃないかという結論になったわけです。

で、今日の再挑戦は、照明とは関係なく、電源から独立でファンのスイッチと電源を持ってきたわけです。

明日は水の配管と床を張ろうかと。
今から楽しみだ。


結構できちゃいそうだよね~。 - 2007.03.13 Tue



さて、トイレの進行状況です。


とりあえず、いいかんじ。

電気のスイッチも完成!

本当はその電気のスイッチから引っ張ってきて、ファンのスイッチもつけようと画策しましたが、回路図かいたらどうも不可能みたい。(素人の頭ではこんなところが限界か?)

でも、明日またチャレンジするかも・・・。


で、今日はあこがれのウォシュレットのために、湧き水水道を引っ張ってこようと、パイプから分岐させたところで終了。

明日が楽しみだ!


写真の中央断熱材がない部分がドアの予定、右下の小さな部分がメンテナンススペース。

ちなみにメンテナンススペースの上でちらっと見えてる若者はウーファーの豪くんです。


で、まだ肝心のウォシュレットはまだ買ってないんですけど、水圧不足で水が出てこないなんて・・・あるわけないよね???



祝!インターネット開通! - 2007.03.10 Sat


自宅でもようやくインターネットができるようになりました。
ISDNですが。
局舎からあまりに遠いもので、ADSLもだめISDNもはじめはダメだったんですが、増幅アダプターなるものをNTTさんからお借りして、ようやく本日開通です。
今までは地球の裏側と話しているようだった電話も、ISDN+増幅アダプタで、かなりハッキリ聞こえるようになりましたよ!

トイレは、着々とゆっくり完成に近づいております・・・。


トイレ作り始動! - 2007.03.05 Mon


トイレ作るぞ!と言ってからもう1年以上。
農作業や、家作りの作業やなんやでなかなか手がつかなかったけど、ようやく本格始動しました。

トイレの広さは3畳。
かなり広い部屋にしてしまうつもり。
トイレ小屋は家にくっつけて増築。
これは秋から冬にかけて本格的な基礎を打って、廃材を利用して手作りで8割完成している。

そのトイレ小屋の中に4年ほど前に北海道の知人からいただいて出番を待っていた「バイオトイレ試作機」を設置。
あとは、床を作って、壁を作って、換気や湧き水水道の配管をすればいいわけだ。
予告どおり「ウォシュレット」にする!!

で、先日ブロックで仕切りの壁になる部分の基礎を作った。
けっこう適当にやったけど、生コン打ちの本格基礎に比べたら、超楽勝ですから午前中の仕事。
明日、型枠をはずして、さっそく土台を作ってしまう予定。

もう踏み込み温床作りもしなきゃならないのでまた忙しくなるけど、なんとか2週間以内に完成させたいと思う。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (378)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR