topimage

2008-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダレン登場 - 2008.07.31 Thu

最近あんまり忙しくて日記を書く余裕がなかった・・・。


<ホタルの季節>

ぼんこが、先日家の周りでホタルを見たと言っていた。
今イングランドから来ている大学生のダレンはホタルを見たことがない、というので、これはジャパンのホタルをガツンと見せてやらねば、と湧き水のところまで連れて行くことに。

真っ暗な中、湧き水の近くまで進むと、すぐに光が見えた。
緑というか、黄色というか、実に美しい、線の細い光。
湧き水の場所まで行くと、たくさん光っているではないか!

強い動き回る光は成虫で、弱い止まっている光は幼虫だろう。
10匹くらいだろうか。

「見えた見えた」とダレンが小さい声で。
なぜかダレンは笑っていた。



<バイオリン>

普段もの静かで控えめなダレン。
どう見ても20歳の大学2年生には見えない。
中学2~3年、あるいは高校1年生くらいだ。
とっても幼く見える。

が、バイオリンを7歳からやって、高校、大学とオーケストラのクラブに入っているという。
さっそく昨日潤子さまの父、いわゆるみなさんご存知の「まっさん」のバイオリンが届いたので、メンデルスゾーンとスメタナのトリオをチェロと合わせてみた。

さすが。初見でも音程はいいし、ちょっとさらうと弾けちゃう。
面白いことに、拍の数え方がやはりイングランドだ。

こっちは、イチトオ、ニイトオ・・・とか数えたりするが、ダレンも似たような数え方で数えている。
ブツブツ言っているのだが、聞き取れない。
英語の呪文であることは確か。
8分の6拍子で、8分音符3つずつから2つずつに移行するときも、その呪文で実にうまく拍をとるのだ!

非常に気になる。
今日はその呪文を聞きださねばなるまい。

しかし、その後すぐに、私の真似をしたのか「イチトオ、ニイトオ」とか慣れないアクセントで同じような数え方をしはじめたダレンであった。


<日本語の勉強>

昼になぜか、埋葬の話になった。
死んだら、死体をニワトリにやってくれ、そしてそのニワトリの産んだ卵を生で食えとか、骨粉は燐酸肥料として畑に、とか。

イングランドでは、焼くのか?生で埋めるのか?と言う話で盛り上がった。
イングランドの葬式談義に花が咲く。
そしたら、ダレンが単語を思い出せないで悔しがっている。
「今朝、勉強した」という単語だそうだ。
立ち上がって、辞書を見て「ハカバ!!」
そう、「墓場」だった。

いったい、朝からどんな勉強をしてるんだ?

ダレンのノートを見ると、「自由討議」とか、我々も普段使わない単語を一生懸命書いている。
見るだけで楽しめる。



































スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (368)
農作業 (122)
食 (37)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。