topimage

2009-11

キミは光を見たか!? - 2009.11.28 Sat

mixi動画はサービス終了しました

岩木山麓に住んでいながら、実は今まで岩木山に登ったことがなかったということを、ここで告白してしまおう。

そもそも、私の行動様式は「おいしいものによって動く」という大原則がある・・・ような気がする(お約束はできませんが)。

たとえば、今の農業という仕事も、おいしいエダマメが食べれる!という極めて自然な要求によってやっている。


その点、登山はどうだろう?
岩木山頂に何かおいしいものでもあるのだろうか?

あそこ行くと、チェコビールが湧いている、というのであれば、毎週でも登るかもしれませんが・・・。

というわけで、ひたすら坂道を登るという登山のような肉体労働は失礼のないよう丁重にお断りしていた私でした。




しかし、ついにそんな私の信念が周囲の(特にワンゲル玲子の)強い圧力に屈してしまったのだった。
毎年のウーファーからの執拗な誘いを断り続けていた私だが、そして当日の朝まで気乗りしなかったひ弱な私が、ついに観念して登ってみることに。
メンバーはやる気120%のワンゲル玲子を隊長に、60%のとしちゃん、50%のぼんこ、20%の私。

としちゃんが「ボクは行かない」と言ってくれたら、オレもオレも~!と即便乗するところなんだが、どうも今日に限って以心伝心がうまくいかないじゃないか。

男にはどうしても行かねばならないことがあるのだ。


決行日は10月17日の早朝。
リラとにわとりにエサをやって、自宅すぐそばの「赤倉コース」の登山口から登り始める。


スタートして数歩で早くも足が棒になってきたような気がする私だったが、今回どうしても登らねばならないのであれば、私には長年の目的があった。
実は、それは、岩木山頂から自宅を見つけることだった。
いつも農作業の合間合間にうちから岩木山頂を眺めているのだが、自宅から山頂がきれいに見えるのであれば、岩木山頂からも自宅がきれいに見えるはずなんじゃないかと以前から思っていたのだ。
いったい、岩木山頂から自宅はどんな風に見えるのか?
長年の興味をこの目で見たかった。



さて登山中、とにかくお腹がすくこと!
携帯したおやつはほぼ食べ尽くす。
もっとおやつや食料を持ってくればよかった、というのが反省点だ。
いや、もう登ることはないとは思うが。



そしてお昼過ぎについに1625mの山頂!

素晴らしいっ!!

なんと天気は快晴!

日本海、津軽半島、青森市も見渡せる360度の大パノラマ、超ウルトラ素晴らしい眺めではないか!
岩木山、いいね~っ!!


これがワンゲル玲子をはじめ、高いところ好きな方達を惹き付けて止まない魅力なのだな。
確かにわかる気がする。


まず、この山頂から自宅を探す。
下界の景色はまるで美しいジオラマのようだ。
たぶんあの細い線のように見えるのが県道30号岩木山環状線だろう。
すると、あのカーブのあたり、緑の中のあそこがうちの農場で、針の先ほどのポツンと見えるのが自宅じゃないだろうか?
しかし、確証がない。

するとワンゲル玲子隊長がやおら携帯を取り出し、うちで待機中の潤子さまに電話すると、なんと通じたではないか!!
おそるべしドコモ!

そして、自宅かどうかの確認のため、潤子さまが自宅玄関の鏡を使って岩木山山頂に太陽の光を反射させてみるという。
しかも、そのまま電話で中継しながらだ!



すると何と驚くべきこと!!

しばらくした後、いきなり、まさに自宅じゃないかと思っていたその場所から、ものすごいストロボのような光がパッ、パッと光ったではないか!!

我ら、登山チームの興奮と驚きの大歓声が岩木山頂を包んだ!
山頂にいた違う登山客も、その強い光と我々の歓声に驚き、訊ねてくる。
「あそこ、うちなんですよ~!!」

あんまりおもしろいので、数分間やってもらった。
その間、ビカッ!ビカッ!と驚くほどの強さの光が家から発せられたのだ。


動画に録音された音声は「住所はどこなんですか?」「東岩木山です」という近くにいた登山客の質問へ答えている大興奮真っ只中のリアルタイム中継。

いやいやいや、鏡の反射って、すごいんだなあ!!






私くらいの登山のベテランでも、こういう経験ははじめてであった。









スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (368)
農作業 (118)
食 (37)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (32)
ニワトリ (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR