topimage

2010-10

愛農かまど かまど隊長大活躍! - 2010.10.26 Tue




今月中になんとしても完成させたいので、突貫工事でやっております。
というのも、かまど作りを体験してきたうちのかまど隊長「玲子」が、11月に出発してしまうので、それまでになんとしても!

しかし、今日は寒かったですね!
ついに初雪?というか嵐のようなあられ。
そんな中、隊長の指示のもとレンガ積み。

なんとか、8段目に突入しましたが、こりゃ、経験者がいなけりゃなかなか難儀ですよ。
(いてもやばいんだから・・・!)
図面を見ても、「こう変更したほうが、いいよ」という経験に基づく変更ポイントがけっこうあって、命びろいすることも何度か。
しかも、やっちゃった後に!・・・早く言え!


最後なんて、レンガ積んだあとに、どうしても不安定なんで玲子隊長に聞いたら、しばらく自分の撮ってきたデジカメ画像をみてから「・・・あ、これは、普通に積まないで、レンガを切って、ずらして置くみたい・・・・」

うきゃ~!!
もうモルタルが固まってる~!!

急遽、半分固まりかけたレンガをはずすと、さらに下の段のレンガまでくっついてはずれてしまったりして、もう修羅場!

周りのレンガも何個かいっしょにはがして、なんとか、撤去に成功。
「あぶね~!」とほっと胸をなでおろしました。

こんなのばっかですが、 形が見えてくると楽しいですね!

               






スポンサーサイト

食いしん坊伝説 - 2010.10.22 Fri



今日、野菜の配達から帰ってきたら、あの食いしん坊のかなちゃんが寝てるという。

どうしたの?と聞いたら、土を掘る作業をしていたら、ヤマイモが出てきたんだそうだ。
「ヤマイモだ~」と言って食べたら、舌がびりびりして、次に喉もイガイガして、気持ち悪くなったらしい。


詳しく聞いてみると、つるも葉も見ていないで、根茎部分のみ見て食べちゃったらしいんだ。

なんという食いしん坊!

「ちょっと、そのヤマイモとやら、残ってたら見せて?」と見せてもらった。
そしたらなんと2種類あって、両方かじったらしい。

なんという食いしん坊!


しかも、どう見ても、ヤマイモに見えないんですけど!!
こっちはなんかの球根?
もうひとつは木の根?

なんでこんなのヤマイモに見えるのかなあ?
しかも、両方ヤマイモだって喜んでかじってたというんだから。

なんという食いしん坊!!


水を飲んで食べたものを吐き出して、あの食いしん坊のかなちゃんが昼ごはんも食べる気になれないで寝てたそうだ。


で、これって、何なんでしょうか?
ご存知の方おられます?

そんなのウソだ! - 2010.10.22 Fri

今日、台湾のニコちゃんから、台湾で売られている日本のものは台湾製品の3~4倍はするかも、という話を聞いたりしていた。
たとえば、日本のリンゴやモモなんか、台湾では高級品らしい。

で、日本のヤマ○キパンも台湾で売られている、というので、「ヤ○ザキパンなら、安いでしょう?」と聞いてみたのだ。

そうしたら、「そんなことはない」という。
話を聞いてみたら、ヤマザ○パンは、台湾ではとっても「自然のイメージ」で、ちょっと高級っぽいパンという宣伝で売ってるんだそうだ。


「○マザキパンって、大量生産大量販売の添加物入れまくりの安いパンのイメージだけどなあ。そんなパン毎日食べてたら、身体壊しちゃうかもよ。」

と言ったら、「え~!ほんと~!帰ったら友達に伝えなきゃ!」と驚いていた。
「すごく自然で高級ないいパンだと思っていた」んだそうだ。


宣伝って、ホント、イメージ戦略だよね。

原燃のCMを思い出しちゃったよ。

レンガは輸入物に限る!・・・よね? - 2010.10.21 Thu



今日、一気にかまどの3段目までレンガを積みました。

これが意外とおもしろい。
なんでもそうですが、やった結果がすぐに目に見えるという仕事はおもしろいですよね。
なかなかコツがいりますが、みんなで手分けしてうまい具合にいきました。

今月中には完成させたいと思ってます。


ちなみに、ホーマック、サンデーではレンガ1個118円。
そんな中、コメリが78円でしたので、迷うことなくそれを購入。

見た感じ、118円の方が緻密だったような気が・・・。
コメリの店長さんに「他のホームセンターではみんな118円だったんですが、なんでここは安いんですか?」と聞きましたところ、「これは輸入物なんですよ」とのこと。

この値段の差が、火を入れたときにどのような影響を及ぼすのか、考えないようにしています。

愛農かまど - 2010.10.17 Sun


ロケットストーブ式かまどを完成させたばかりだというのに、もう次のかまどの製作にとりかかる、かまどマニアです。


「愛農かまど」は、レンガで作る、とても熱効率のいいかまどだということです。


まずは、生コンでたたきを作ったんですが、かまど自体の高さがずいぶん低いもののようなので、さらにたたきの上に「土台」となるべく、レンガを2段積むことにしました。


3つのアーチは、なべなんかを置いたりするときに、つま先を入れる部分があれば便利だと言うアドバイスから作ってみました。


今後、かまど職人しゃおは、かまど界期待の大物新人としてデビューする予定です。

搾りたてミルクの飲み方 - 2010.10.08 Fri


こんな感じで直接コップに受けて飲んで見る。

やってみたいけど、なかなかチャンスがない飲み方ですわね。

確かにうまかった。

これはある意味微妙なホットミルク。
というか、人肌感。
あたたかいせいか、甘く感じておいしい。





実は、直接自分の口に飛ばすようにしてミルクをしぼって飲んでみたんだが、1回に口に入る量が少なくていまひとつ物足りない。

このコップで受けるのがいいね。



ちなみに乳頭に直接口をつけて飲むというのは、やってません。
私に過度な期待はしないでください。

完全燃焼型ロケットストーブかまど完成! - 2010.10.08 Fri




実は今年、玲子さんが足しげく通っている岐阜の「もりのいえ」さんのブログに書かれていた、一斗缶を使ったロケットストーブかまどを参考に、ペール缶で自分なりに簡易かまどを作って使ってみていました。


ですが、私の作り方が悪かったのか、完全燃焼しなかったのと、焚き口が横向きになっているために、頻繁に薪を足さなくてはならず、常にかまどの前についていなくてはならないという弱点がありまして、あまり使っていませんでした。

それでは、ということで、何度も改良を重ねた結果、本日、ついに満足のいく簡易かまどが完成しましたので、発表いたしましょう!!




大きな改良ポイントはペール缶を2本縦に重ねたことです。
そして中に煙突を貫通させます。

下のペール缶の内部にはT字の煙突を使い、真下の穴と横に突き出すもの2本に分岐させます。
横から外に出したら、そこにもT字の煙突を使い、上向きにして薪の焚き口を作ります。

この外に出た上向きの煙突が薪の焚き口となり、薪を焚き口から下に差し込むように入れます。
すると薪は下から燃えて、炎は中に吸い込まれていきます。
燃えた分、薪は下へ自動的に落ちて行きますので、手間がかかりません。


さらにすごいのは、このペール缶を縦に2本重ねたという改良の結果、文字通り完全燃焼するために、煙がほとんど出ません!!
そのために熱効率がとてもよく、今までよりもずっと少ない薪ですみます。
吸い込みもとてもよく、ほぼ、改良の余地はないかと思います。


もうひとつのポイントは、焚き口の煙突の高さを、下のペール缶の上部よりも少しだけ高い位置にしているところです。
この高さだと、ほとんど炎が逆流しません。
もしも低いと、入れた薪から火が逆流してしまうことがありますが、それもなくなりました。


この写真からは見えませんが、ペール缶の底にも穴が開いており、中に網を敷いていますが、これはもりのいえ方式を採用させていただきました。
もりのいえ方式では、この下の穴から空気が入るようにしていますが、うちの場合は地面に直接かまどを置き、吸い込みをよくするために空気が入らないようにします。
ですから、うちの場合この穴はもしも灰がたまってきたらそこから出す、灰の取り出し口に使います。

また、下のペール缶の内部に灰を詰め、断熱材として使っているのも、もりのいえ方式を採用させていただきました。
上にも使えばいいのでしょうが、移動して使うことを考え、軽量化を図るために上のペール缶は今のところ空洞にしています。

ペール缶を重ねたことにより高さも高くなったことで、料理に使ってもちょうどよい高さになったと思います。


まず、これで完成です。
とても満足しております。



これは画期的なかまどですので、どなたかノーベル賞候補として、私を推薦しておいてください。





写真1枚目、たったこれだけの薪でも、中ですごい勢いで燃えているんです。
写真2枚目、煙がほとんど出てないのがおわかりでしょうか?
写真3枚目、中の焚き口側から横向きに炎が噴出してきています。煙もほとんど出てないでしょう?

初稲刈り! - 2010.10.02 Sat




稲刈りしちゃいました~!!

「秋には黄金色の稲がバーッとだ」 by夏子の酒
というわけで、なんと、突貫工事で作った田んぼにも収穫の季節がやってまいりました!

なんたって初めてですから、ベテランの渋谷さんにまずは稲刈りについての講習を受けまして。
いやあ、コツがあるんですねえ。
でも、右手の親指が痛くなってしまいました・・・。

稲刈りは楽しいねえ!

あっという間に午後3時にははさ掛けまで終わってしまいました。
収穫量はどうなんでしょうか?
何しろ初めてなんでわからないですが、早く食べてみたいなあ!

来年は、この倍の面積にしちゃうよ~!!

はまってしまった - 2010.10.01 Fri


ミニッツメイドのピンクグレープフルーツにはまってしまったことを告白しよう。
コカコーラなんていう企業の飲み物なんだが、うまいんだもの仕方ない。


毎週3回野菜の配達のために下界に下りるんですが、車の運転が好きではない私にとってはけっこう億劫なんです。
こういうひそかな楽しみがあると、俄然頑張れちゃうよね。
ほんと、飲んでるときは至福を感じちゃうんだよねえ。

というわけで、週に3本飲んでるわけ。
この夏、数10本は飲んでるなこりゃ。
私のソウルフード100選に認定してしまいましょう。

いつもは、カブかさとちょうで買うんですが、ユニバースに置いてないのが不便なんだよなあ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (379)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR