FC2ブログ
topimage

2010-11

牛舎が2階建てに! - 2010.11.28 Sun




温泉化工事と並行して、冬までに牛舎兼温室を一部二階建てにしようと大工仕事。

全部廃材で、今日ほぼ7割がた完成!
14畳の空間が2つできる予定。

これやってる最中にも、温泉化の不凍水栓が壊れて水漏れしているのが判明で、雪の中土木工事も。
毎日、大車輪です。



スポンサーサイト



温泉化計画 湯の沢復活!! - 2010.11.28 Sun




さて、ポンプアップされた湧き水は地下のパイプを100mほど通って家の基礎の下をくぐり抜け、床下から薪ストーブの後ろに設置したホームタンクに入ります。
この天才的アイデアに思わず自分で立ちくらみ。


さて、ここで温められた水はさらに床下から「水道加圧装置」という、数年前に十和田に住むマイミクさんのお宅に遊びに行った折におみやげにいただいた機械によって加圧されて、お風呂と、新たに台所に設置した蛇口に分岐するわけです。
まさか、この機械が実際に活躍するとは!!


そして、そして、ついに、台所の蛇口から生ぬるいお湯が出て来ました~感激~!!
お風呂場にも、いままでただ付いていただけだったシャワーもやっと使えるようになりました!!


なんたって、今まで寒い冬にはお風呂の水を薪で沸かすのに3時間くらいかかっていたのが、小一時間に短縮!!
消費する薪の量も激減!!


それよりなにより、お風呂が温泉になっちゃいました~!!

今までのお湯とは明らかに全然違う!!
浴槽の中で、肌をさわると、きゅっきゅっ!っていう感じ。わかるかなあ~?
やっぱり温泉だったよ~!!

適当に効能書きとか作んなきゃ!!


一番嬉しいのは、ここの地名の由来だった、「湯の沢」がついに復活したことです!!






温泉化計画・・・ポンプ始動! - 2010.11.28 Sun




そして、ポンプの据え付けだ!

もちろん、湧き水の湧き口になんかセットできませんので、湧き口の少し下流に決定!
大きな石をどかして、50cmくらいの深い場所を作って、そこから吸い上げることに。

すると、出るわ出るわ、水の中から縄文土器がざっくざく。
やっぱり、縄文人もここの水を飲んでたんですね。

ポンプに砂や落ち葉なんかが入らないように、大きなポリバケツとそれより少し小さ目のポリバケツに小さな穴をたくさん開け、それを二重にして、その間にシーツを一巻きしてフィルターにしてみました。
天才の考えることは違いますね。
あまりの素晴らしいアイデアにめまいがしそうです。


で、パイプにはちゃんと断熱材を巻いて保温も完璧!
ポンプ小屋は、プレゼントされたものの一度も使わずに放置されていたトーベの犬小屋を使用。
また、ちょうどいい場所にぴったりと納まっちゃうんですよ~!

そして、ついにポンプ始動!!

水が出ました~!!!
ポンプ復活~!!!!







温泉化計画・・・大ショック!! - 2010.11.28 Sun




電気の配線も水の配管もだいたい終わり、さて、念のためポンプの試運転。


・・・壊れてました。

完全にイカレてました。


ポンプで水を吸い上げる前にポンプに呼び水をするんですが、入れたとたん、そのまま下からだだ漏れ。
分解してみたら、ポンプの本体自体が割れて、下に大きな穴が開いてました・・・。



奈落の底に突き落とされた後、気を取り直して、そこを溶接してもらおうと思い、いつもお世話になっている方のところへ。
見てもらったら、これはもうダメだとのこと。

「ちょっと待ってて」と言われ、待っていたら、なんと!!
同じメーカーの1ランク上の中古ポンプを持ってきて、これ使いなさいと・・・。
このご恩は一生忘れません!!


で、さっそくそのポンプを試運転するも、パワーがない。
これは分解掃除だ!!

すると厚さ2mmもあろうかというさびが全体についてしまって、それを落とすのが大変!
さらにインペラという羽根が磨り減ってしまっている上に、アキュムレーターとファインセンサーという部品ももう使い物にならないことが判明。

さっそく、部品を取り寄せて組み立て。
真ん中の写真の、手に持ってるのが磨り減ったインペラ。
取り付けたばかりの新品と比べたら、こんなに磨り減ってるのがわかって、びっくりっスよ。


さて、これでなんとか動くか!?


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農の考え方を基本にしながら在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけていますが、完全不耕起ではなく、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。
肥料は昨年から地元弘前の斎藤酒造(「六根」で有名)の酒粕に米ぬかともみ殻、さらにもみ殻燻炭を発酵させたボカシを作って、土地の痩せたところや、まだ無肥料では健全に育たない野菜に補っています。
しかし、開墾当時からみたら随分土が豊かになってきており、無肥料で育てている野菜が増えてきました。
いずれはすべて無肥料になっていくんでしょうか?楽しみです。

私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (392)
農作業 (149)
食 (42)
日常 (66)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (36)
ニワトリ (9)
ミツバチ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR