topimage

2011-05

イギリス人に聞く英語の発音 - 2011.05.31 Tue

私がいかに語学が苦手か、皆さんご存じないでしょう。

中学2年の後半でおや?おかしいぞ、となり、高校入学時にはすでに最初の五文型すらさっぱりわからず。
200点満点中の20点代をとったこともありました。

高校時代の英訳の先生は厳しいことで有名。

一人ずつ順番にテキストを訳させるのですが、あるとき私の順番で「ベンチ」を「ビーチ」と勘違いしてしまい、そのテキストの物語を強引に海岸での話しに持っていったところ、それ以来私のときは先生が代わりに訳してくれ「そうだよな、しらとり?」と最後に私に確認を求めるシステムになりました。

私は「はい」と神妙にうなずくだけで済むというわけです。


ですので、大学受験はもうハナから英語は「完全に」捨て去りました。
今さら中学の分からやっても労力の無駄が多すぎると判断したわけです。

よって受験勉強では、英語はまったくやっていません。
いや、高校入学してからまったくやっていないと言った方が正解でしょう。
いやいや、むしろ私の中では高校時代、英語と言う教科自体存在していなかった、と言えるでしょう。

よく、日本人は英語を学校で何年もやっているのに話せない、と言われます。
しかし、私を一般の日本人と同列に扱ってもらっては困ります。
私の場合英語は中学で2年半くらいしかやっていないわけですから。
話せなくて当然だと思っています。
むしろ、中学英語のみで人生の荒波をここまで乗り越えてきた自分に、今日ビールを1本おごりたいくらいです。

さて、話は大学受験の頃に戻ります。
いまさら中学2年の頃からの勉強をはじめても、時間の無駄!と判断し、英語はそもそも無いものとしました。

そのため大学受験は残りの4教科で英語をカバーする作戦に。
なんたって、共通一次(当時)ですから、総合点さえ取れればなんとかなるわけです。

これが、なんと奇跡的に成功を納め、キスカ島の撤退作戦とともに日本の数多くの作戦例の中でも稀有な成功例として有名です。
たぶん。

というわけで私の中では、大学受験は明らかに4科目だったわけです。
私を入学させてくれた、あらゆる人材に広く門戸を開放して受け入れている山形大学には今でも感謝しております。


しかし、入学後も英語が必修というのはまことに遺憾の極みでした。

もちろん私は英語から一ミリでも遠ざかるために第一外国語をドイツ語にし、第二を英語にしましたが、遅かれ早かれドイツ語も英語も、五十歩百歩だということに気付かされるとはその時の私には思いもよりませんでした。

まず、ドイツ語の先生がダンツァーという異様に厳しいドイツ語教師でした。
あるとき「来週は休講です」とダンツァーが言ったとき、身体が反射的に動きガッツポーズをしながら「よっしゃー!」と叫んでいました。

お約束のようにそれがダンツァーに発見されたわけです。

私は教室の真ん中あたりに目立たないように座っていたのですがダンツァーは「シュレヒト!!シラト~リ、シュレヒト!」と言いながら、その時間ずっと私の机の前に座ってドイツ語の集中講義。

そのためドイツ語はシュレヒトしか覚えてません。
(今、このブログを書くに当たって、シュレヒトを調べてみました。たぶん「ダメ!」というような軽い意味だと思っていたのですが「最悪」という意味だということがわかり愕然としております。)

もちろん、ドイツ語は落としました。
公平を期すためだったのか今となっては分かりませんが、英語も落としたので、私は皆様より1年多く語学を学んでいます。



さて、そんな私でも現在イギリス人のオスカーに「R」と「L」の発音の違いを教わるなど、ハイレベルの講義を受け、まさに目からうろこの毎日!
先日は「girl」の発音を習得するなど、目を見張る頑張りを見せています。
「girl」を正しく発音できるとなると、県内でも私を入れて10名ほどだと思われます。

そんな中、今日は英語で長年の疑問だった「掘った芋イジルナ」がネイティブに通じるのかをオスカーに試してみました。

カイランの定植をしながら、オスカーに真顔で。
「オスカー、掘った芋いじるな!」

オスカーは
「????」

「ホッタイモ、イジルナ!」
「????」

結局、わからず。
それでは、と、

「斉藤寝具店!」(Sightseeing)
「????」

これもわからず。


しかし、
「知らん振り」(sit down please)と「揚げ豆腐」(I get off)はかろうじて通じることが判明!
種明かしをすると、オスカーは笑いながら、アメリカ英語なら通じるかもしれないとのこと。

なるほど、アメリカに行ったら、掘った芋はいじれるわけですね。


そして、農作業終了後、オスカーが自ら紙とエンピツを出してきてなにやら書いている。
oscar
「わと たいむ いぜた なお」

What time is it now?を日本語で書いてくれたんですね!


これは使えそうですよ!










スポンサーサイト

仮面ライダーの真実 - 2011.05.27 Fri

なんかの話の流れで
研修生の直子さんが「いっしょに住んでいる小学校3年生の女の子でも変身ベルトで大喜びするよ~」という、話題になった。

仮面ライダーの変身ベルト!?
今でも仮面ライダーシリーズが継続しているとは知らなかった。


そもそも、仮面ライダーが悪を倒し始めてもう40年以上になるんじゃないだろうか?

これだけ毎週のように悪を倒し続けても、未だに悪を倒し続けなければならない、というのは、仮面ライダーの在り方を根本から考え直したほうがいいんじゃない?

効果が上がっていないと言うことでしょう?

もしかしたら、仮面ライダー側と悪の組織との間に、馴れ合いが存在しているかも?

すでに持ちつ持たれつの関係になっているとしか考えられない。

こういう状態では年に1度くらい、いっしょに飲んでいるでしょうね。
「来年も、お手柔らかに頼みますよ~。」なんて。

「八百長?」

十分ありうると思います。

貸し借りがあるかもしれない。
「今回は、ガチンコで行きましょう。」とか。


それにしても、仮面ライダーサイドの給料はどこから出てるんだろう?

国からじゃないかなあ。

悪を倒す正義に対して、国から出てるんじゃない?



・・・これはもう、腐敗しきってますね。
と、今朝の1コマ目の農作業で、こんな話をしながら、今日のピーマンの定植の準備をしてました。


最後に
「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対的に腐敗する」という英国の歴史学者アクトンのことばを仮面ライダーサイドにはぜひ考えてもらいたい。





タイ料理教室 - 2011.05.25 Wed

今日の3コマ目(注)、こかぶの間引きをしていたら、青いワゴンがやってきた。

タイエンの星川さんだ。

青森市のタイ料理店の「タイエン」さんとは私が学生の頃からだから、もう20年くらいのお付き合いになる。
(数年間息子さんに家庭教師をしていたことも。)

毎年何回かうちの農場にも遊びに来て、いつも鍋いっぱいのタイカレーをおみやげに持ってきてくれるのだ。

今日は、ワラビ採りに奥さんと二人で来てくださった。

ちなみに、うちは観光わらび園もできるくらいのすごい量のわらびが出る。



さて、昨年「タイエン」で星川さんが作ってくれた裏メニュー「カイラン炒め」のおいしさにたまげて、今年はうちでもカイランを育てることにした。

カイランとは、アブラナ科の茎を食べる野菜。

ブロッコリーのスティックセニョールとケールの中間のようだと言えばいいのだろうか?わからないだろうな・・・。

で、何しろはじめての栽培なので、ここでの播種時期がわからないため、3月下旬から10日おき位に試験的にずっと種まきをしている。

で、最初の3月下旬のカイランはもうすでに畑に定植したのだが、低温のためか花芽分化して身体が大きくならないうちにもうつぼみが出てしまった。

出荷できないので、うちで食べるしかない。仕方なく食べよう、仕方なく・・・ね!?



そこに、今日のタイエンの星川さんがグッドタイミングで来てくれたわけだ!

さっそく、星川さんをまじえてみんなでカイランを収穫!

またしても研修生の裕子さんは、カイランをもいで収穫しながらすでにもう口にほおばって「甘くてうまい!」とか言ってるし。
なんか、いたぞ、去年もそんな女性が!(注2)
どうして、うちにはそんな畑で野菜をバリバリ食べるウサギ野郎、いや失礼、ローフード愛好者がおおいのか?

去年なんて、溝堀りをしてたときに出てきた何かの根を「長いもだ!」と言うが早いか食べてしまい、その後大変なことになった猛者も記憶に新しいところ。(注3)


話を戻しましょう。

さっそくさっそく、星川さんがカイラン炒めを実演!

なるほどなるほど!こりゃすごいわ!というわけでプロの手ほどきを受けました。もう明日から名刺の裏に「タイ料理研究家」と印刷しておこう。

これで、今年の会員さんへのニュースレター「まにあっくベジタブル」にレシピつきでお届けできる!!


さて、味はと言いますと、もう、最高!!

やっぱり、採れたてだし、プロが作るしで、ビールが飲みたくなってしまった。

今日もおみやげでいただいた鍋いっぱいのタイのレッドカレーをヒーヒー言いながら食べつつカイラン炒めを堪能しました!


デジカメがないので、写真をUPできないのがつらいところ。






(注)現在のうちの農作業は1日4コマ制。
   1コマ目・・・5:00~6:30
   2コマ目・・・8:30~10:00
   3コマ目・・・10:30~12:00
   4コマ目・・・13:30~15:00
農作業の進行具合で集中講義や特講などが入ると5コマ目として15:30~17:00も設定される。  


(注2)玲子と言えば、その方面の方にはわかってもらえますでしょうか?
(注3)かなっぺと言えば、「ああぁ~・・・」とわかっていただけますでしょうか?








アンサンブルって、いいね! - 2011.05.24 Tue

私が高校生のときに入ってチェロを弾いていた青森市のジュニアオーケストラ。

そのとき、コンマスをやっていた真司君(当時中学生)が、もしかしたら来年青森に帰ってくるかも、というので、じゃあ、帰ってきたらいっしょに弦楽四重奏をやらない?と誘ってみた。

それが去年の夏。

で、本当に帰ってくることに。

結構楽しみにしていたので、去年の秋、野菜の配達のときにフルートの先生をやっているうちの野菜会員さんと、世間話でそんな話をしたわけです。
「ビオラを弾いてくれる方を探してるんですよね~」
何気なくね。

すると数日後、すぐに「ビオラの名手に声をかけたらOKだそうよ」とのメールが!
あっと言う間に決まっちゃいました!
昨年関西から弘前に来られたTさんという方で、面識はもちろんなかったのですが、これで3人決定!


このままでは男ばっかりになっちゃうので、セカンドバイオリンは女性でしょう!ということで、さっそくジュニアオーケストラのOBの栄司くんがセカンドの席に・・・あれ?

男4人で弦楽四重奏、望むところだ!


というわけで、21日に初顔合わせ。

私なんか、普段オーケストラにも入っていないので他の人と合わせる(アンサンブル)なんて、めったにない機会。

最近は専ら冬の農閑期に一人だけで寂しくチェロを弾いている生活なので、アンサンブルができるというだけで大興奮!

しかも、弦楽四重奏だ!

とりあえず、ドヴォルジャークのアメリカを弾いて至福。
4人の弦の音が響いただけで、もう至福。
音楽がしたくて4人が集まった、というだけで、もう嬉しいじゃないですか?

しかも、みんないいメンバーなんで、月に1回会えるだけでも嬉しいですね。


今年は、チェロを弾くにも張り合いができたので、夏にも楽器を出して練習しよう!
さっそく今週チェロの師匠に無理をお願いしてレッスンをしてもらいに行ってきます!


劇的ビフォーアフター - 2011.05.22 Sun

うちのトラックのタウンエース、頑張ってくれてます。

実は、この冬にバックをする時に行来すぎたのか、後ろの左のウインカーのランプの配線が根元から2本とも切断(


そしてさらにこの写真のように、右側のバックライトも破損。(ブレーキランプとウィンカーのカバー2箇所)
トラック1


修理工場なんかへ持っていったら、結構かかっちゃうので、トヨタ部品に行って部品を買ってくることに。
係りの方に、直接見てもらって相談。

まず、左のウィンカーのランプは、ブレーキランプとバックランプと3つセットで配線されているので、1つだけでは販売していないとのこと。
3つセットの価格は2000円ちょっと。

そして、右のバックライトは、赤やオレンジのカバーだけでは売っておらず、全部一体となっているため、全部交換しなきゃダメなんだと。
これはちょっと高くて、10800円。

「今日注文すれば明日入ってきますが、どうしますか?」と。

「・・・帰ります」と言って、帰ってきてしまいました。



さて、こうなっては自分でやるしかない!

まずは、左のウィンカーのランプ。
配線の1本が完全にランプのソケット部分で切断されているので、結束できない。
ならば、分解じゃ!

すると、電球と、ソケット部の間にバネが入っており、その中に緑色の配線が1cmくらいあることが判明!
ここで結束できるではないか!
と、さっそく結束したのが下の写真。
右側の茶色の部分から1cmのところで結束。
左の黒いゴムと右の茶色の部分の間にバネを入れてから結束しないとダメなことに気付かず、この後とても面倒なことになったのですが、そのことについてはあえて触れないでおこう。
配線1


そして、もう1本の白い配線。
これが、ほんのわずかに(数ミリ)だけ残っていたので、強引に半田付け。
配線2
これで、完成!


さて、問題はこの右のバックライト。
トラック2

しかし、私には勝算がある!
ホームセンターの文房具売り場で、赤い下敷きと、オレンジのファイルを買って来て適当にカット!
下敷き



これを水道の塩ビパイプ用の接着剤で貼るとこうだ!トラック3



さらにちょっと遠くから見てみよう。トラック4

もう誰が見ても新車じゃないですか!?


ちなみに写真提供は、研修生の裕子さん。
パートナー募集中だそうですので、みなさんよろしくね!

不思議な光を見た方います? - 2011.05.19 Thu

昨日、夜に外に出ておしっこしながら満月を見てました。

月の周囲が、月の光で黄色くポワッと輝いていました。

コロナみたいに。


そのコロナのような黄色い光の中で、キラっと白い光が光ったんですよ。
「あれ?」と思うじゃないですか?

少ししたら、今度は同じコロナの中の違う場所で。


感じとしては、明るい星が光っているような大きさと色なわけ。
でも、ずっと光ってるんじゃなくて、キラッと光るんですよね。
なんか、金粉かなんかがチラっと出たようなイメージ?


で、また数秒後に違う場所でキラっと。
それが、ずっと続くんですよ。


満月の周囲で、こっちでキラリ、あっちでキラリ。
月の右上でキラリ、次は左側でキラリ・・・。
満月の月の中じゃないよ、月の周りでパーッと光ってるところの中。

なんとも不思議な感じ。


なんだろう?

UFOとも違うんじゃないかなあ。



しばらく見てたけど、眠いので家の中にもどったら、としちゃんが居間にいたので、「オレ、アセンションしちゃったから、月から金粉が出てるの見えちゃったよ・・・」(としちゃんから最近借りた本に金粉の話があったので)
と言ったら、としちゃんが「えっ!?」と言いながらさっそく外に出て行きました。


私はそのまま熟睡。

今朝の朝食のときに「見えた?」と聞いたら、としちゃんにも見えたって。

「あれ、何だろうね?」と聞いたら、としちゃんもやっぱり

「金粉じゃないですか?」だと。


まあ、金粉じゃないでしょうが、一体何だったんでしょう?
誰か、昨日の夜、同じの見た方いませんか?


たまに、こういうおもしろいものを見れるから、夜に外でおしっこするっていうのもいいもんだよね。

いっしょにどう?











メッセージ? - 2011.05.19 Thu

サツマイモの植え付け準備をしています。

植え付け予定地の自然農のうちの畑を見ると、縦横無尽に畑ネズミの穴。
地底王国が築かれています。

有機栽培で耕していたときでさえ、結構ネズミにサツマイモがかじられて、出荷できないものがあったのに、このネズミの王国にそのままサツマイモの苗を植えるというのは、熊一家の食事中に身体中にはちみつを塗って挨拶に行くようなものじゃないだろうか?
いや、はちみつを塗りたくってアリの巣穴に飛び込むようなものかもしれない。
同じか?


それで、考えたが、1畝は自然農でそのまま。
「自然農原理主義コース」

もう1畝は、自然農の不耕起の畝の中央部を2つに割って、通路にしてしまい、そこの土を不耕起面に盛り上げ少し高畝の細長い畝を2つにしてしまう。
うちは畝たてには耕運機を使って通路になる部分の土を両脇に押しのけるので、これでもネズミ王国は分断されるし、びっくりしてネズミは逃げるのでは?というまことに東電よりも楽観的な希望的観測。
「自然農の畝たて直後コース」

もうひとつは、ネズミの王国を完全鎮圧すべく耕してしまう!
それでももちろん無肥料なのでいわゆる「自然栽培コース」

この3コースを試験することにした。


すると、さっそく「自然農の畝たて直後コース」で作った通路に、ネズミではなく、耕運機でおなかを割かれたヒキガエルが!
ああ・・・。
それでも、頑張って畝に這い登ろうとしているではないか。
かわいそうなことをしてしまった。
やはり、機械で耕すってこういうことだよなあ。

しかし、ネズミはどうしたらいいんだろうね。















写真なし! - 2011.05.19 Thu

ついにデジカメが壊れました。
たびたび画面に干渉のような赤っぽい横筋が出て勝手に着色してくれる「現代美術モード」になったりしてましたが、電源を入れ直せば復活はしていました。

それが一昨日から、画面が真っ暗な「超省エネモード」になって、撮影不能に。
当分、画像アップできません。

どなたか、使えるデジカメ落ちてたら拾っておいてください。



転校生 - 2011.05.17 Tue

先日、ニワトリ小屋の周囲で一羽のニワトリがウロウロをしてました。

てっきり、ニワトリが脱走したのか?と思ったんですが・・・おや!?

なんか違~う!

見たことないタイプのニワトリなんですよ。

明らかにうちのニワトリじゃない。




何度も書いてますが、うちの周囲には人家はないんです。

うち以外から、ニワトリの鳴き声も聞こえてきたことはないし、もちろん近くで飼っているという話も聞かない。

いや~、不思議なこともあるもんだ。

一体、どこからやってきたんだろう?




さっそく捕まえて、うちのニワトリ小屋に入れました。
奥の小柄で尻尾の黒いやつです。
ニワトリ
まだ、うちの環境になじめないのか、いつも集団の外側にいます。


でも拡大してみると、どこか品のありそうな感じが。
ニワトリ2

これは、どう考えても誰かが飼っていたものに違いないよね。

早く見つけて、どのくらいの距離を旅してやってきたのか知りたいなあ。

それまで、みなさん仲良くしてやってください。

秋までに見つからなかったら、お肉になっちゃうんですけどね。



泣き寝入り - 2011.05.15 Sun

骨密度が低いのは毎年の検診で百も承知。

原因は、甘いもの好きによる砂糖の取りすぎじゃないか?というのも薄々気づいてはいる。



そんな折、うちのジャージー牛「リラ」に、足を踏まれた。

こいつだ。

リラ1

右前足が凶器だ!


長靴の上からやられた。

リラ2

全然反省していない視線。


リラにとっては、単に遊びたいだけで身体を摺り寄せて来ただけなんだろうが、なんせ、体重が違う!

左足の薬指あたりをしっかり踏まれて、しかもそのまま足を上げてくれないんだ!



特にはれてきてはいないけど、歩くと鋭い痛みが走って、びっこを引かなきゃ歩けない。

だまっていたら、痛くないんだが、足が何かにさわったり、歩いたりすると、もう痛くて痛くて。



「お前のミルクからカルシウムを奪ってやる!!」

と言いたいところだが、ただ今「断乳中」。

返済能力ないので、こりゃ泣き寝入りです。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (378)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR