topimage

2012-02

こういう勘違いが許されていいのか? - 2012.02.23 Thu

実は昨日、弘前市の「ハンサムウーマン」という集まりにご招待いただき、「自然農と有畜循環農場の生活」という題でお話しさせていただきました。

みなさんよくご存知のように、私はそういう集まりではすぐにいっぱいいっぱいになってしまうタイプ。
潤ちゃんなど、この前も私が十和田で呼ばれたパネルディスカッションで、緊張のあまりいっぱいいっぱいになってたことをいいネタにして笑っている始末。


しかし、誘ってくださった障害者福祉施設「あうん」の成田さんの「食事とお酒がつく」しかも「お酒が飲めるように、送り迎えもするよ!」という、この世のものとは思えないおいしすぎる話に、プレッシャーにすこぶる弱いことなど一瞬にして忘れ、ホイホイとお引き受けすることに。

畑のことを話すだけなんで、まあ、いっか!と結構余裕の心境。
話す内容はあとからゆっくり考えよう!と。



が、そこに突如として想像もしなかった大問題が発覚!


あうんの成田さんが、そのハンサムウーマンの主催者の方に、「白取氏はチェロも弾くんですよ」と私のことを話した(紹介した)んだそうだ。

それを、その主催者さんは、てっきり、「白取氏が、その集まりでチェロも弾くんですよ」と、あってはならない解釈で受け取ってしまったようで、さっそくハンサムウーマン参加者への招待状にチェロ演奏がある、と印刷してもうすでに発送してしまった後だというのだ!!
もう私は、お話のほかにチェロも弾くことになっているらしい!

何だ、この巨大な陰謀は!!




そんなメールが成田さんから届き、一瞬で青ざめたワタクシ。
人前で話をするよりも、人前でチェロを弾くことのほうが、1000倍のプレッシャーではないか!
チェロ1本だけで、無伴奏なんかとてもとても様になるもんじゃなし。

それで、私は成田さんに、ピアノ伴奏がつくなら泣きながら弾きましょう!と、涙の屈服メールを返信。
そうしたら、その日のうちに、成田さんからなんと、黒石の「音楽広場」の鈴木さんに速攻で連絡が行ったらしく、鈴木さんがピアノを弾いてくれるとのこと。
しかも、鈴木さんは手を脱臼してるんで、無理のない曲で、ということに。
脱臼を押してピアノを弾く鈴木さんの手前、もう、私も逃げられず、1曲だけということで、エルガーの「愛の挨拶」を弾くことにしました。


ということで、予想もしなかったチェロ演奏のプレッシャーに押しつぶされ、平常心を失った私は、本来の目的である畑のお話の方でどんな話をするかとか、その構成とかはもう、まったく考える余裕もなく、当日。



会は6:30からスタートの集まりでしたが、我々は5時には現地入りして、鈴木さんとピアノ合わせ。
この段階でも、まだ話す内容の構成は考えておらず。
このピアノ合わせが終わったら、考えよう!という「夏休みの宿題は最後に」作戦。

数回合わせたら、意外とまだ緊張が襲ってこず、まあなんとかなるんじゃないの?という感じ。
時計を見るとまだまだ時間がある。

ピアノとあわせる機会なんてそうないので、こんなこともあろうかとジブリの楽譜を持ってきていた私は、じゃあ、時間までジブリシリーズを弾いて遊びましょう、と、楽しくトトロの「猫バス」とかを伴奏してもらって弾いておりました。

そんな中に、もののけ姫の曲もあって、これがまた、いい曲ですね!

練習を聴いていた成田さんが「せっかく鈴木さんに電子ピアノを運んできてもらって、1曲だけってことはないよねえ?」と、この勘違いのそもそもの発端となった人間にあるまじき無茶振り発言!

が、なんか、私もそう言われてこの曲もやっちゃおうか!ってすっかりその気になっちゃいまいして、鈴木さんも私もほぼ初見にもかかわらず、愛の挨拶と、この曲2曲に決定。

じゃあ、ということで、もう時間ぎりぎりまで練習。


気づいたら、話をする内容は考えておらず。
ああ、これはいつものパターン!
どうしてこんな大人になってしまったんだろう?と後悔するも、すでに遅く。


さて、ついに時間となってしまい、本番。
なんと、本番にはめちゃめちゃ弱いという私に似合わず、意外とまともに弾けちゃいました。
弾きながら、あれ?今回はまあまあいいんじゃないの?と驚きながら弾いてましたから。

今までのパターンなら、弾き終わった後、自己嫌悪で立ち上がれなくなるくらいですが、今回は特に大きな問題なく終了。


チェロ演奏という一番の大プレッシャーから解き放たれた私には、もう、本来の呼ばれた目的の「畑のお話」がおまけみたいなもんになってしまい、話の構成も何もあったもんじゃく、なんか流れで話してたら一通り話せて無事に終了しちゃいました。

おいしいビールとお食事をいただき、大満足で帰ってきました。
ホント、今回のは、話じゃなくて、限りなく100%チェロ演奏でしたね、私の中では。


岩木山まで送っていただき、帰りは楽器を背中に背負って、真っ暗な雪の中ヘッドランプの明かりを頼りに歩くと、ず~っと遠くに家の明かりがポツンと。
そこまでなんとかたどり着きましたよ。

・・・ああ、やっと終わった!




いやあ、恐ろしい勘違いって、あるもんなんですね。
スポンサーサイト

感謝! - 2012.02.21 Tue

先ほど、農民オケの秋田の方からも代表を引き受けてくださるメールが届いた。
本当に、今まで誰一人断る方なく。

う~ん、これはホントに素晴らしいメンバーがそろっているような気がする!

野菜マニア魂! - 2012.02.21 Tue

ようやく、今年のしらとり農場種まき暦ができた。

種まき暦というのは、まあ、作戦計画書みたいなものですね。

今年は、何月何日から何月何日の間に、この野菜のこの品種の種を播いて・・・というのが、1年分すべての野菜について記入された一覧表。

それがうまくいけば、シーズンを通して、野菜が途切れることなく常に10品目ぐらい収穫できてセット野菜に入れられるというわけですね。


昨年の野菜の品種ごとの種を播いた時期、収穫した時期、気がついたことなどの記録を元に、品種を変えるか、種まき時期をずらすか・・・などを考えて、毎年微調整しながら一覧表にしていくわけです。

この作業が、すこぶる楽しい。
まさに、野菜マニアの醍醐味とでも言える、自分だけの世界のお仕事。



この時期と品種をさぐるのが、なかなか大変な作業。
もう、こうなると畑は毎年試験栽培をしているようなもので、一つの野菜についても数品種、種まき時期も何回かにわけて種をまく。

この10年間の記録から、この野菜のこの品種の種まきは、もう何月何日のこの日しかない!というピンポイントが判明することもあるわけです。
たとえば、うちではターサイなどは、もう、この日、というのが決まっている。
ターサイなんか、いつ播いてもよさそうな感じがするが、そうではないのだ。
ここの畑に「最適な」時期というのがあるのですよ。

だだちゃ豆なんかも、うちの畑では非常に短い期間しか種まき適期がないこともわかった。
それをはずすと、豆に実が入らない。

でも、これらはすべて、うちの畑で、決まった品種で、という条件がつく。


というのも、うちの野菜は、すべて固定種なもので、F1品種を基準にしている一般的なここら辺の種まき時期とかは、微妙に当てはまらない。
近くの農家情報なんかも、実はほとんど当てにならないのだ。
結局自分で試行錯誤してやってみるしかないわけだ。

今最も試行錯誤中なのがキャベツ。
第一、固定種のキャベツをやっている人なんかここら辺で聴いたこともないので、誰かに聞くこともできないしね。
F1品種を使っていた頃なんて、キャベツなんて楽勝で、悩むことなんてなかったけど、今みたいにすべて固定種+自然農だと今までのパターンではいかなくて、なかなかうまくいかない。
昨年もキャベツでは秋どりキャベツで失敗したが、そのおかげでようやくわかってきて、今年はたぶんうまく行くと思う。

そういうことを計算しながら、作戦を練って、じゃあ、今年はキャベツの1回目はアーリーゴールデンエーカーでこの日、2回目はこれだけ時期をずらして同じ品種でこの日、3回目はこれで、さらに4回目はサクセッションに品種を変えてこの日にしよう!

なんて感じで、決断を下すわけだ。


そういう中で、今年の大きな決断。

それは、ブロッコリーと芽キャベツはやめることにしたこと。
固定種のブロッコリーは、収穫時期がものっすごいばらつきで、半端じゃない!
たとえば、50軒のお客さんの野菜セットに、今日ブロッコリーを入れる、とした場合、その5倍くらいの250株以上を植えたとしても、50個のブロッコリーがそろうか、と言えば、難しいだろう。
しかも、生育が晩生で生育期間が非常に長く、収穫がもう雪のちらつく頃にならないとうちではダメ。
すると、種どりができない、ということになる。
ということは、そもそも種がとれないのだから、この地にはブロッコリーは向いていないということが判明。
昨年も実(じつ)はかなりのブロッコリーを育てていたが、セット野菜にそろえることはできず、自家消費のみとなってしまった。
すっごくうまいんだけどね。

というわけで、ブロッコリーは確かにおいしいが、その1個のブロッコリーのためにこれだけの労力を払うことは、現状、私の肉体的に無理。
ということで、今年はブロッコリーから撤退することに苦渋の決断。


こんなのF1品種のブロッコリーをやれば、瞬間に解消される問題なんだけど、うちはやらない。
やっぱり、完全にマニアの趣味の世界でやってますから。
野菜マニア魂が燃えないことは、やらないんです。



おや、どうも、うちの畑だよりに載せてもいいような日記になっちゃったんで、これコピーしとこう。

お願いする人の気持ち、引き受ける人の気持ち、断る人の気持ち - 2012.02.20 Mon

東北農民管弦楽団の設立に向けて、毎日、自分のできることをやっている(つもり)。

アマチュアオーケストラにメールを送ったり、新聞社に行ったり、知り合いにお願いしたり。


まさか、自分がこういう立場を経験することになるとは考えてもいなかった。
「お願いする」というか、頭を下げる立場。

だから、ある意味覚悟をしてというか、腹を決めてやっている(つもり)。
お願いするって、けっこう申し訳ない・・・って思いながらだよね。



さて、現在集まってくれたメンバーは18名。
福島県はまだだが、それ以外の県には最低1名はメンバーがいる状態。
小さな合奏団くらいにはなったかな。


今、その東北各県のメンバーになってくれたばかりの方に、その県の取りまとめ役というか責任者になって、その県の核としてさらにメンバー集めをしてもらいたいとお願いしているところ。


もし、自分が逆にお願いされる立場だったら、今までの自分ならば「今、○○で、忙しくてできない。」とか、いろんな理由をつけて断っていたと思う。
断る理由なんていくらでも思いつくし、実際、忙しいし十分に断るに値する。
そもそも本来やらなくてもいい仕事をどうして自分が?と心のどこかで思っていただろう。


だから、もしも断られたとしても、自分に置き換えてみれば十分にその人の気持ちがわかるし、強引にお願いしてもそれが精神的ストレスになるタイプの人もいる(私です)のもよくわかるので、断られてもぜんぜん構わないと思ってやっている。

覚悟して自分で始めたことなので、どこかの県に代表がいなかったら、当然自分でその県は肩代わりするつもりでいるし、別にそれに違和感もない。



しかし、驚くべきことに、というか、もう本当に感謝で言葉もないのだけれど、今までお願いした、岩手、宮城、山形のメンバーの方々が、全員すぐに快諾してくれたのだ。


今までの自分であれば、まず断っているであろうことを、快く引き受けてくれるその人たちの度量に本当に驚くばかり。

こういう「大きい」方々と出会えたということに本当に喜びを感じる。
しかも、宮城も山形も私とは一度も面識のない方で、メールで数度だけのやり取りしかしていないにも関わらず引き受けてくれたのだ。
もう、この段階だけで、やってよかったと思ってしまう。



今、こういう経験をしてはじめてわかった。

自分が今までお願いされた事を引き受けてきたか、断ってきたか、ということが、どういうことであったのか。

お願いする人の気持ち、引き受ける人の気持ち、断る人の気持ち。
みんなそれぞれに、立場があったんだよね。

文字色
なんか、今、こういうことをやっていて、そういうところに気持ちを持っていくことができて、とってもよかったなあ、と日々思えるんですよ。


最近は、本当に感謝で、そういう意味でも頭を下げてます。
早く、このメンバーに直接会いたいなあ、と心から思います。

酪農のアルバイトしてくれる方急募! - 2012.02.07 Tue

知り合いの岩木山麓の酪農家から昨晩電話があって相談したいことがある・・・と。

何ですか?と言うと、電話じゃちょっと・・・と言うので、ドキドキしながら、千頌といっしょに先ほど行ってきました。



話を聞いてみると・・・

牛の世話を手伝ってくれる人を募集したいんだけど、しらとりさんの知り合いで来てくれそうな方いませんか?ということでした。

条件は、住む場所は、山小屋風のおしゃれな小屋。
その山小屋はトイレ、水道はあるが、風呂はないので、すぐ近くの温泉で。
報酬は話し合いになるけど(通いか、山小屋に住むか、実働時間がどのくらいかによる)月に10万円くらいだろうか?とのこと。

期間は1年でも2年でもいいので、新規就農したい人とかだと、研修という意味でもいいんじゃないかと思うんだけどということ。

男性でも女性でもいいし、夫婦だとさらにいいし、動物が好きだとか、自然が好きだとか、そんな人ならいいなあとのことでした。

結構すぐにでも来てほしそうな感じでした。
もし興味ある方おりましたら、ぜひ私まで連絡ください。

巻き込み確認!・・・お下品注意 - 2012.02.03 Fri

風邪もほぼ治まり、先日は大腸の内視鏡検査。


ポリープがあるので、それが大きくなったか毎年確認しなきゃなんないんだよね。
まだ私がインチキ理科教師だった頃からだから、もうかれこれ16年くらいは毎年冬に受けている。


前も書いことがあると思うがはじめて受けた病院のときはなんと担当の看護師さんが、ちょうどそのとき受け持っていたクラスの子のお母さんで、「この前の文化祭の合唱コンクールは・・・」とか話かけられながらの、超微妙な空気の漂う検査だった。


現役教え子のお母さんに自分の背後どころか肛門を見られてしまうという体験、ゴルゴ13なら耐えられない屈辱だろう。



最近は違う病院なんで、そんな「要らぬ」心配はなくなったのだが、それにしても大腸の内視鏡の検査はつらい。



しかしまあ、私くらいのベテランともなるとさまざまな技を持つようになる。柔道で言う「受身」がしっかりしてくるのだ。
普通は、検査前日は昼食から検査食となり、当日は何も食べずに行くわけだが、私は普通は3日前からいい機会なので断食をする。
今回は慣れてきたので前日からの断食にしたが、病院で飲む下剤など必要ないくらいもうすでに腸の中は空っぽ。

いっしょに検査を受けるために待合室にいる他の患者さんたちが下剤を飲んでも、「便秘でなかなか出ないんです・・・」とか言っている中で、ぶっちぎりで一番先に検査を受ける合格が出るのだ。


検査はなかなかの地獄だ。
というのも、私は腸が長いとのことで、いたるところでくねくねしておるらしく、カメラがうまくそのカーブを曲がりきれないらしい。

そもそも、大腸カメラって意外と太いんだよね。
先端は小指くらいの太さだろうけど、根元のほうに行くにしたがって親指くらいの太さになってるんじゃないのか?
長いヘビをしっぽから肛門に押し込んでいくようなものだと思ってほしい。


あるとき、なんとしたことか、おケツの毛が巻き込まれて、気絶するくらいの激痛が走ったことがあった。

「いたいいたいいたいいたいです~っ!!!!」と絶叫するも、担当の看護師さんはカメラの先端が入っているであろうあたりのおなかをさすりながら、「ここですか?」と。

「おしりおしりおしりおしりです~っ!!!!」と叫んで、ようやく潤滑ゼリーを肛門に塗りこんでもらい事なきを得た、苦いExperienceもあった。

あのときは、半分あの世に行くところだった。
どこかの国の拷問にこういうのがあるかもしれない。


さて、今回の検査をしてくれた先生はなんと若い女性。
はじめてだ。
だからどうだって言うわけではないのだが、カメラを入れてすぐに「おしりがこすれて痛くなるようでしたら、ゼリー塗りますので言ってくださいね」との気配り。
もうその言葉が終わるか終わらないかのうちにさっそく「お願い」しました。

もう、数分おきにゼリーを頻繁に塗ってもらって、今回は快適な腸内の旅ができたんじゃないでしょうか。


検査結果は、ポリープは大きくなってないので、今度は2年後でいいですとのこと。
6mmくらいじゃないと取らないんだけど、まだ3mmくらいらしい。
大きく育ててから収穫というわけだ。


先生には「腸が長いのと、腸がとってもやわらかいですねえ。」とほめられました。

なんか、人目につかない部分で、そんな魅力的な腸を持ってるっていうのは自信になりますよね?
道行くときも、自分のお腹にあるやわらかな腸をさりげなくアピールしつつ歩く・・・。

そんな長くてやわらかい腸は、それこそモツにしたら、なかなかのものなんじゃないだろうか?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (385)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR