topimage

2013-10

2階建て温室の合掌が上がった! - 2013.10.29 Tue

今日は昨日作った合掌を上げる作業。

まずは柱を立てる。
IMG_0171_convert_20131029164840.jpg
これは廃材利用。

で、合掌を運んできます。
IMG_0175_convert_20131029164932.jpg
温室の正面に階段と2階ドアを作っておきました。

で、ついに合掌が柱に乗りました!
IMG_0176_convert_20131029165009.jpg
これだけで感激!

これを繰り返して5枚の合掌を柱に乗せていきます。
IMG_0177_convert_20131029165345.jpg

全部乗りました~!
そしたら、今度は頬杖(柱から合掌に斜めにかけてる板)と、合掌同士の筋交いをして補強!
IMG_0183_convert_20131029165150.jpg

今日は、ここまで!
なんか、不思議な形の温室になりそう!
IMG_0181_convert_20131029165305.jpg
スポンサーサイト

二階建て温室を - 2013.10.28 Mon

以前は牛小屋、現在はニワトリ小屋になっている、屋根のつぶれた2階建てハウスを温室に作り変えるべく、ようやく作業がスタート。

まずは合掌を組み立てるところから。
材料は準備して、この前もう切っておいたので、今日はそれを組み立てるだけ。
IMG_0168_convert_20131028172134.jpg

雨が降ってもいいように、空いたトマトハウスで作業をしたので、地面が水平ではなくてなかなか技術が必要。
この合掌は間口3間半。

これを5組組み立てました。
IMG_0169_convert_20131028172204.jpg
あとは、実際にこれを柱に乗せるわけですが、どうなるか楽しみだ!

しかし、いつも思うんですが、一番時間がかかるのが設計をして図面を描くことですよね。
私意外とそこら辺が慎重なんで、毎度これに時間をとられてしまいます。






カボチャ収穫! - 2013.10.26 Sat

カボチャの収穫も着々と進み、どんどん畑が片付いていきます。

カボチャは広い面積にごろごろ転がっているので、みんなで手分けして探してから、パスしながら集めてきます。
IMG_0152_convert_20131026053235.jpg
ドッヂボールからバスケ、ボーリングに至るまで球技全般が苦手な私でも、農作業なら楽しんでやれますね。
IMG_0155_convert_20131025095221.jpg
今年の収穫は、この軽トラの荷台に2杯分。
あとは2週間ばかり置いておいて、甘みが乗った頃に会員さんにお届けです!
今年のカボチャの味はどうかな?

クリづくし - 2013.10.25 Fri

香港からのウーファーさんのジュリア。
夏前に来て、今回で2回目。

好きな食べ物はクリ。
中国のクリは日本のよりも大きくて美味しいと言う。
そんな折、ジュリアのおばあちゃんのお葬式で一時帰国することに。

で、再度しらとり農場に!
ということで、香港から帰国したので3度目のしらとり農場ということに。
なんと、お土産に中国のクリを持ってきてくれた~!
これが、甘栗のような違うような!
さらに、日本にはないけど、中国ではとってもおいしいという野菜の種もたくさん!!
ありがとう~!

で、ちょうど誕生日がうちでの滞在中になったので、サプライズでお祝いを!
潤ちゃんと牧ちゃんがクリ餡の饅頭と、マロンに生クリームを混ぜたケーキを作ってくれました~!
IMG_0166_convert_20131025095054.jpg

IMG_0165_convert_20131025095121.jpg


クリ好きはジュリアだけじゃないのだ!
実は、私もでございます!
たぶん、ジュリアの3倍くらい好きかも。

というわけで、私にとっても最高の日でございました。



キノコの季節 - 2013.10.25 Fri

今年は、原木栽培しているナメコもヒラタケもあまり出ないでがっかり。

そんな折、沢を挟んだお隣さんが「しらとりさんのところの木の切り株にキノコがいっぱい出てるように見えるぞ~!」と知らせてくれた。

このお隣さんは、自分の敷地に出てきたキノコも、出てきたから採りにおいで~と声をかけてくれる方。


その切り株を見ると、すごいたくさんのキノコが!
IMG_0167_convert_20131025094105.jpg

サモダシに似てる気もするが・・・。
そのお隣さんは、食べられるキノコだと言う。
さっそく今日食べてみようかと思いますが、なんていうキノコなんでしょうね?

これが最後のブログになったりして~!

タマネギ! - 2013.10.16 Wed

うちで長年うまく育たなかった野菜がタマネギ。

大きな玉にもなるんですが、小さいピンポン玉くらいのものも多く、なかなかうまく大きさがそろわない。
昨年は、育苗に工夫をして、覆土をもみがらくん炭にしたら、太陽熱を吸収しすぎて1日で苗が全滅という大失敗をして今年はタマネギをお届けできないという事態になってしまったのでした。

さて、13日、14日と、東北農民管弦楽団の合宿があって参加してきました。
農民管弦楽団というのは、農業関係者で作られたオーケストラ!
1147600_10200624927362073_1478886605_o_convert_20131016171348.jpg
で、偶然にも、ここでタマネギを研究している方が2人も参加しておられたのです。

詳しくはこちらのブログで

東北農民管弦楽団ブログ http://blog.livedoor.jp/tohokunoumin/archives/33178447.html

というわけで、お二人の専門家からタマネギのアドバイスを受け、もうバッチリです!

で、帰宅翌日、台風の来る直前に、タマネギの苗の定植を終えました!
IMG_0163_convert_20131016171202.jpg
まあ、急いでいたもので、少し曲がってますがご愛嬌!

さ、来年のタマネギをお楽しみに~!

毛豆こんにちは、スイートコーンさようなら - 2013.10.02 Wed

行く年来る年みたいですが、今がまさにそんな時期。

スイートコーンは、今日が本当の最後。
もう、コンテナ何杯分もニワトリ用に収穫して、残りを大量にゆでて冷凍、そして、さらにその残りを今日は朝食の時「焼きトウモロコシ」にして食べました!
IMG_0140_convert_20131002103056.jpg

ああ、今年のスイートコーンはこれが最後か、また来年だなあ、しみじみと、動けなくなるだけ食べながら思うわけです。
ちなみに、この倍は焼いて朝食前に食べつくしました。

で、先日からは毛豆の収穫がスタート!
今年の毛豆もおいしい!

毛豆は青森の在来のエダマメで、濃厚なうまみと甘みで、超絶的にうまい!
IMG_0123_convert_20131002103125.jpg
種まきのときの旱魃で一時はどうなることかと思いましたが、無事に収穫を迎えられました!
毛豆のシーズンには、毎日のように鼻から豆が出るくらい食べまくっちゃうんですよね~!
なんたって、自分で食べたくて育てているんですからね!

それにしても、エダマメを食べてるときは、どの段階でストップしていいのか、いまだに私はわかりません。
しらとり農場は食い倒れの季節に突入しました!


稲刈り完了! - 2013.10.02 Wed

昨日は、弘前中央高校の生徒さんたちが午後から応援に来てくださったので、少し早いかなとおもいつつ急遽稲刈りをやってしまうことに。

実は、ジャガイモ掘りに来てくださったのですが、なんと、この日の午前中のうちにジャガイモは掘り終わってしまったので、稲刈りに変更!

IMG_0132_convert_20131002052306.jpg

さすが、若いパワーが集まると楽しいですね。
稲刈りもあっという間に終わりました!

IMG_0136_convert_20131002052338.jpg

麦播き、ジャガイモ掘り、稲刈りと、3大イベントを終わらせて、すごい達成感のある1日でした!
助かった~!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (378)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR