topimage

2014-06

ひよこは7羽 - 2014.06.21 Sat

結局、親鳥があたためていた12個の卵のうち、孵ったひよこは7羽でした。
黄色が2羽、茶色?が1羽、黒が4羽です。
013_convert_20140621172719.jpg
親鳥のまわりをぴよぴよ言いながら7羽のひよこが着いて歩くのは見ていて厭きませんね。
スポンサーサイト

ひよこがふえる! - 2014.06.19 Thu

なんと、午後にはひよこが4羽いるとカズ君情報!

そのうち1羽は黄色!
014_convert_20140619193803.jpg

たぶん、親が掛け合わせなんでしょうね。
かわいいですよ~!

ひよこ生まれる! - 2014.06.19 Thu

なんと!ひよこが生まれました~!

うちのニワトリは黒いので、ひよこも黒いひよこ。
(たまごは普通に赤いです)
010_convert_20140619100109.jpg

話によれば、最近のニワトリは改良されて自分でひよこが生まれるまでは卵をあたためない、ということを聞いていたので、無理だと思っていました。

外に巣箱を出してたら、いつの間にか鶏舎から逃げたニワトリが入っていて、たまごが12個も。
でも、全部が全部有精卵かどうかわからないし、先日1個試しに割ってみたらなんと、中から発生途中のひよこが・・・(-_-;)

それで、急きょ11個はそのままにして、親鳥に温めてもらうことに。

そうしたら今日、エサやりに行っていたカズ君が「ひよこが生まれてますよ!」とやってきたのでした。
どうも2羽いるようですが写真には1羽だけ。

ぴよぴよ言ってます。




お持ち帰りソーラーパネルワークショップのお知らせです。 - 2014.06.09 Mon

「青森ソーラーオフグリッドワークショップ」

日時:7月6日(日)
場所:岩木山麓しらとり農場
講師:テンダー(小崎悠太氏)鹿児島から。
内容:ソーラーパネル持ち帰りワークショップ


ご予算は5万円くらいから。
お持ち帰りになれるのは、100Wのソーラーパネル、120Ahのディープサイクルバッテリー、20A液晶付きチャージコントローラー、4連シガーソケット、配線、など!

これで携帯、ノートパソコン、LED1〜2個の電力がまかなえます。

冷蔵庫はあんまり使わないな、という猛者は、この100Wキット+家の契約電源を5〜10Aにすることで、月々の電気代が300円くらいにすることもできますよ。

テンダーさんによる、かゆいところに手が届く解説つき。理科がさっぱりでも大丈夫です。

参加者6名から開催します。(現在申し込み数2名)
実は締め切りが12日木曜です。
興味のある方は至急ご連絡ください。

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fyohoho.jp%2Fproject%2Fkagoden%2F2014-aomori-solar&h=kAQHyXNZ9

助かった! - 2014.06.08 Sun

天気予報では昨晩から雨。
今日は午前中までずっと雨。

が、実際は雨なんか降らず、むしろお日様が出て暑いくらい。
というわけで、助かった!

城東保育園の園長先生はじめ先生方、ハマちゃんと東北女子大学の学生さんたち「ホームガーデン」チーム総勢6名がお助けに来てくださいました!
さっそく、ニンジンの間引きから。
このニンジンの間引き、私は本当に苦手・・・と言いますかこういう細かい作業に対する忍耐力がない。

そこに、ニンニクの草刈を終えたうちのレギュラーメンバー「チームAKO」の3人が合流!
9人で30mのニンジンの畝2本を怒涛の間引き!

で、私と同じく細かな作業に耐性のない伴さんと二人で我々はまさかりカボチャの定植。

お昼すぎから城東保育園チームが帰られましたが、ホームガーデンのお二人が残ってお昼寝もせずに農作業をする!というではないか!
私も昼寝をせずに、いっしょに作業。

そうこうしているうちに昼寝から目覚めたメンバーたちはズッキーニに敷き藁。
で、3時だ。

そう!
恒例の餅つきタイム!
012_convert_20140608193747.jpg

去年のうちの最後のもち米で。
あんこと、うちの鬼ぐるみのくるみ餡です!
半径200mでの自給。
003_convert_20140608193816.jpg

農作業や、食べてる写真がないのは、「写真どころじゃなかった」、ということですね。




AKOちゃん縄文人を見る? - 2014.06.02 Mon

うちの畑は縄文遺跡の「湯の沢遺跡」の真上です。
竪穴住居跡も2つ見つかってまして、畑のいたるところから土器片や石器が出てきます。
これは環状石斧。
真ん中の穴に棒をさして使ったものみたい。
6月1日+003_convert_20140602183433

これは土偶の一部。
05200006_convert_20140602183233.jpg

これがその裏。たぶん、下側に頭がくるんじゃないだろうか?
出てきたときは少し赤い色がついていたんだけど、今はもう色がなくなってしまいました。
05200002_1_convert_20140602183301.jpg

というわけで、縄文人が住んでいたその同じ場所に住んでいるもんで、いろんな不思議なことが起こります。
私も声を聴いたり、歌を聴いたりもしたんですが、なんと滞在中のAKOちゃんが顔を見たそうです!?

「克さん、縄文人って今も住んでるんですか?」とかAKOちゃんが聞いてくるんだけど、うまく説明ができないので「そこが難しいところなんだよねえ」と言うと、窓からニコニコしながら背の低い眉毛が濃くて彫りの深い人が見ていたとか。

以前、私が夢で会った縄文人は、とにかくニコニコして背の低い、すごくいい感じのおじさんだったので、同じ人かも?


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (379)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR