topimage

2015-05

定植とハウス建て、どっちが先? - 2015.05.23 Sat

苗も順調に育って、もう畑に植える定植の時期!
003_convert_20150523184841.jpg

004_convert_20150523184852.jpg

が、トマトハウスがまだ完成していない。
完成しなければ、トマトの苗は植えられないってことよね。
そんな気がする。
005_convert_20150523184906.jpg

で、今日は1日トマトハウス建てをしてました。
バイオダイナミック農法のカレンダー(天体の動きで農作業する)では、今日は農作物にあまりよい影響を与えない日なんで、ちょうどいいのだ!
一体うちは何農法なんですかね?
一言で答えらえないところがつらいのだ。


スポンサーサイト

パラグアイがそんなにいいのか!? - 2015.05.23 Sat

パラグアイに移住するというトラちゃん(右から二人目)。
あのコウヘイ(昨年の滞在者)と一緒にパラグアイに行くんだと!
え~っ!!マジですかぁ~!?

で、パラグアイに行くまでうちでノウハウを学ぶようにコウヘイに言われてここに来たらしい。
何のノウハウですかぁ~!?

で、超働き者のやる気漲ってるミホさんも「パラグアイに興味ある!行ってみたい!」とのこと。
なんでですかぁ~?!

パラグアイって、ブームなの?
まあ、コウヘイくんと楽しくやってきてくださいな。
うまいもの送ってくれ!

で、先日そのトラちゃんの誕生日だったのだ!
さっそく潤子サマがピザを焼いて、パーティーでした!
022_convert_20150523183010.jpg
激ウマ!
トラちゃん、ありがとう!
ピザがたべられりゃ、パラグアイでも弘前でも知ったこっちゃないのだ(笑)!
来月誰か誕生日いなかな?






トマト、トマト! - 2015.05.13 Wed

朝から天気が悪かったので、今日はまずみんなでハウスにトマトの苗を定植。

今年はすべての苗の苗土を無肥料でやってますが、このハウスの中も無肥料、しかもまったく耕さずに、植える穴を掘るのみ!
いわゆる、無農薬・無肥料・不耕起の「やる気あるの?」っていうくらいの育て方。
やる気は十分あるんですけどね~。

もちろん黒マルチも使いませんし、さらに今後水も一切やる予定なし。
もう、「大丈夫?」っていうレベル。
003_convert_20150513163636.jpg

実は、今年私のひそかなテーマのひとつは「会員さんにトマトもう参りました!」と言わせること。
毎年うちの会員さんからのアンケートで「トマトもっとほしい」「トマトいくらでもほしい」というのがあるんですよね~。

001_convert_20150513170101.jpg
去年のうちの野菜セットのトマトこんな感じでそんなに少なくはないと思ってはいるんですが、トマト好きな方はいくらでもトマトがほしいんですよね。(ちなみに、今日植えたトマトはこの写真の大きな黄色に赤のストライプのトマトです。)
わかりまた!もう、そこまで毎年言われたらやっちゃいましょう!
でかいハウスを1棟建てて「もうトマトは許して!」というくらいトマトを入れてやれ!というわけ。
で、これが今日雨の中立てていたハウス。
005_convert_20150513163716.jpg
これで、今年からは4棟でトマトを育てます!
今から夏が楽しみだ!
ハウス建築はまだまだ続きます・・・。

とっても気分のいい農作業! - 2015.05.11 Mon

今日は作業してても岩木山はきれいだし、新緑は美しいし、実に気分がいい!
004_convert_20150511202035.jpg
今日は岩木在来ニンニクの中耕除草。
ニンニクはいくらあってもいいもんね。
でも、お客さんに結構出しちゃうんで、気付いたら種用にあんまり残らなかったり・・・。
005_convert_20150511202053.jpg
そして、毎年毎年アンケートで言われる「トマトもっともっとほしい!」についにお応えして、トマトハウスをもう1棟建てることに!
岩手県北上市の菊池さんから安く譲っていただいて、トラックで行って解体して運んできたものを、今日から組み立て!
さて、何日で完成するか楽しみだ!

たぶん、かなりお得な情報。 - 2015.05.09 Sat

<たぶん超お買い得情報>

(ありがとうございます!ご注文は締め切らせていただきました。)

気付いたら今年の春からうちに居候して農作業を手伝ってくれているとしちゃん。
入植4年目くらいでまだ電気がなく、開墾していた頃に「倒れるまで働きたいんです」と言って、ひょっこりやってきた男性。
どこかのいい大学の仏文学科を出て、カナダとかに行って、翻訳業をしてたんですが、なぜかそれ以来うちに毎年のようにやってきては、農作業をしたりおいしい料理を作ったり、ど〇ろくを作って飲んだりしてます。

このとしちゃん、昨年は来ないなあ・・・と思っていたら、実は昨年一人で石川県で田んぼを借りて無農薬無化学肥料でコシヒカリを育てたんだそうです。
昨年末に青森まで持って帰ってきたそうなんですが、玄米でまだ600kgあって、売り先がないんだそうです。
もう売れればそれでいいので250円/kgという超格安でいいから売ってほしいとのことです。
草取りが辛かったそうです。
有機米の値段とか私も詳しくは知りませんが「それって、かなり安いんじゃないの?」と言うと、「感謝感謝だからいいんです」とか、何か随分いいこと言ってますよ(笑)
ということで、

2kg:500円
3kg:750円
5kg:1250円
10kg:2500円
(送料別)
10kgの場合の送料
北海道730円
北東北3県530円
南東北3県630円
関東信越680円
東海北陸関西780円
(以上税別)

送料入れてもかなり安いのでは?
どなたか、買ってくださる方おられませんか~?
お米が売れずにお金がないので来週からバイトに行かなきゃやばいと言っています。
もう月曜からバイト入れたそうなんで、空いた時間に発送するそうです。
ご注文くださる場合、私宛にメッセージに送り先と、何kgか、玄米のままか精米か(何分搗き希望)など書いてくださったら、私がそれをとしちゃんに伝えます。
よろしくお願いいたしま~す。

 - 2015.05.08 Fri

今日は弘前の城東保育園のみなさんがジャガイモの植え付けに来ました~!
もう、さっそく「木をたたきに来たんじゃないんですよ」と怒られてる子たちがいたり、いかにも保育園と言ったいい雰囲気ですわ。
子供たちに「だぁれ?」と聞かれたんですが、何と答えたらいいのか一瞬返答に迷いますね。
「・・・おじさん。あそこの家に住んでる・・・」としどろもどろになってしまって、今もひそかに落ち込んでます。
人前で話すのは苦手です。

001_convert_20150508124004.jpg
しかし、天気がいいのはいいんですが、そろそろ雨も降ってほしいところ。

賢治のトマト - 2015.05.07 Thu

おかげさまで農作業が順調に進んでいます。
004_convert_20150507125539.jpg


今年は8月下旬に宮沢賢治が弘前へ来て90周年というイベントがありまして、その見学場所の一つにうちの農場も入っており、私もお話をしてチェロを弾くことになってしまいました。
失敗しても、その時に参加者の皆さんに食べていただけたら何とか勘弁していただけるのではないだろうか?ということで賢治の作品に登場するトマトを2品種育てることにしました。
黄色のトマト」という作品に出て来る、ポンテローザと、レッドチェリーという古い品種のトマトです。

うちは、野菜は固定種(在来種)だけ育てていますので、当時のこの固定種のトマトはうちにはちょうどいい品種だったというわけです。
50株くらいずつ。
作品では露地栽培のようですし(当時ハウスもなかったでしょうしね)、マルチもしませんから、まさにうちには好都合。
そのイベントの頃にちょうど実るように、少し遅めに種まきしてあります。
今日は、その鉢上げ。(苗箱から育苗用ポットへの移植のこと)
002_convert_20150507125525.jpg
この中から、作品のように、本当に黄金色のトマトが実ったらどうしよう!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

白取 克之

Author:白取 克之
青森県の岩木山麓で無農薬・無化学肥料・半不耕起・草生・マルチ不使用で自然農を基本に在来種、固定種の野菜だけを育てています。

農法を簡単に説明しますと基本的な考えは自然農を心がけています。
ただ、植え付けの前に可能な限りごく浅く土の表面を均すためだけに耕起しています(深くても10センチ以内になるように)。それを半不耕起と言っています。
これは、当農場は開墾当時山であったため、山の小さな野ねずみも多く棲んでいて、冬の雪の下で縦横無尽に畑の土を掘り起こし、春雪が解けたあとは畝の形もわからないくらいものすごいデコボコと穴だらけになるところから生まれたやり方です。
本来の自然農では、草の積み重ねが年を越えて積み重なって行きますが、この場所では
一夏の間に土の表面に蓄積したたくさんの草や野菜の残渣などすべてこの雪の下で野ネズミによって細かく粉砕されてリセットされてしまうため、結果的にこの方法がこの場所にとっては思いのほかとてもよいものになっていると感じます。


私たち夫婦は2003年に木や灌木の生い茂る原野に入植し、森の開墾からスタート、沢に橋をかけ、道を作り、湧き水から水を引き、家を建て、丸1年の非電化生活を経て・・・と一からやってきました。

栽培作物は小麦、大豆、小豆、ニンニクなどの畑作物から30品目ほどの野菜、水稲も少し。
F1品種を使わず、すべて固定種、在来種の野菜というのが大きな特徴です。
自家採種率は果菜類でほぼ100%、全体でも60%以上。

収穫した野菜はセット野菜として会員さんに毎週お届けしております。

ニワトリは無農薬のお米と、うちの野菜くずに、草など、農薬や遺伝子組み換えなどとは完全に無縁なエサで育てています。

また、ここは縄文の「湯の沢遺跡」上にあり、縄文人たちの息吹が今でも感じられます。この話はまた長くなるので・・・。


また、就農のためのノウハウなど、農業研修生も受け入れております。
あるいは自然の中で岩木山の大地からエネルギーをもらい1年ゆっくりと自分を見つめる場としてもおすすめです。
自給のための作物の育て方、小屋の建て方、自給生活のノウハウ、一からの開墾の方法なども学べます
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ちなみに趣味はクラシック音楽を聴くこと、チェロを弾くことで、ドヴォルジャークやスメタナといったチェコの国民学派が好きです。もちろんチェコビールも大好き!


<連絡先>
0172-93-2523
higashiiwakisan428*cronos.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください)
お気軽にどうぞ~。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (379)
農作業 (134)
食 (39)
日常 (64)
牛 (3)
音楽 (10)
愛農かまど (1)
大工 (33)
ニワトリ (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR